資生堂 敏感肌 日焼け止め 選び方

日差しが強くなる季節になると、気をつけなければならないのが紫外線対策です。

 

とりわけ肌が敏感な方は、それぞれの肌の状態に合う日焼け止めの選び方が重要になります。

 

一般的に、日焼け止めまたはサンスクリーンと呼ばれる商品には、紫外線をカットする効果をアップするために、肌にとっては負担のかかる成分が使われている場合があります。

 

そのため、敏感肌の方は逆にそれが刺激となって肌を傷める原因になることがあります。

 

とは言っても、全く何も塗らずにいるのは紫外線の影響をまともに受けてしまうので避けなければなりません。

 

肌が敏感な方は、肌に備わっているバリア機能が弱まっていることが多いので、紫外線など外部からの刺激にも弱いという傾向があります。

 

それでも、日焼け止めはやはり塗っておいた方が肌を保護することができます。

 

敏感肌の方でも使えるサンスクリーンの選び方は、肌に極力刺激を加えないものを選ぶことが大切です。

 

一般的に販売されているサンスクリーンには、紫外線対策として紫外線吸収剤のようにケミカル成分が含まれていることが多いです。

 

こうした成分は、敏感な状態の肌に使うと負担がかかります。

 

一方、肌に比較的優しいとされているものは、無香料や無着色タイプのいわゆる無添加のものです。

 

低刺激処方されているので、お湯または石鹸のみで落とせるので簡単にオフすることができます。

 

また、このようなタイプの日焼け止めは、紫外線吸収剤が使われていない、ノンケミカルタイプのものです。

 

選ぶ際には、これらの条件をクリアしているかどうか確認しておくと安心です。

 

可能なら店頭または通信販売に限らず、サンプルが用意されているものは、まずサンプルを試しておく方が無難です。

 

自分の肌で合うか合わないかは、パッチテストを行ってみないとわかりません。予め試してからなら、安心して使うことができます。

 

肌への刺激が少ない日焼け止めは、資生堂からも販売されています。

 

もちろん、紫外線吸収剤を使っていないノンケミカル処方で、ベビー用も販売されているものもあります。

 

アルコールが苦手な方や、鉱物油が気になるという方も、こうした成分がフリーのサンスクリーンも販売されています。

 

さらに、資生堂では、敏感肌の状態に合わせたタイプのバリエーションが準備されているサンスクリーンがあるので、自分の状態に合うタイプが見つかりやすいのも特徴です。

 

少々敏感肌ぎみの方向け、敏感肌でも特にデリケートな方向け、子供にも一緒に使えるタイプなど、希望に合わせて選ぶことができます。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>