敏感肌用焼け止めはノンケミカルから選ぶべき?

肌が弱い敏感肌の人や乾燥肌の人、アトピーの人などは、紫外線の刺激にも弱いため日焼け止めを使うことがおすすめですが、塗ると肌がかゆくなったり、赤くなったりすることもあるため、肌にやさしい日焼け止めを選びたいものです。

 

敏感肌の日焼け止めを選ぶために大切なことは、

 

  1. 肌に与える刺激ができるだけ少ない物を選ぶこと
  2. 無香料で無着色であることやお湯や石けんだけで落とすことができること
  3. 紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルであること

 

がポイントになると言われています。

 

 

日焼け止めに含まれる成分は、紫外線をどのようにカットするかの仕組みにより、紫外線吸収剤を使用しているケミカルと紫外線散乱剤を使用しているノンケミカルの二つがあります。

 

紫外線吸収剤を使用しているケミカルは、紫外線を吸収し、化学反応を起こさせることで肌内部に紫外線が入り込むことを防ぐもので、塗り心地がさらりとしていて汗で崩れにくく、白浮きしないというメリットがありますが、敏感肌の人は、刺激を受けることがあります。

 

一方、紫外線散乱剤を使用しているノンケミカルは、粘土や金属を粉状にした成分を含んでおり、肌表面で市街さんを反射させるもので、肌に吸収することがないので、刺激が少ないというメリットがありますが、紫外線カット率がケミカルよりも少なかったり、白浮きしやすく、べたつきがあり、汗で崩れやすいというデメリットもあります。

 

ノンケミカルは一般的に、べたつきや白浮きがあるため、しっかり塗ることができなかったり、汗で崩れやすいため、せっかく塗っても、汗で流れてしまって、効果が持続しにくいということもデメリットと言われています。

 

最近では、紫外線吸収剤をカプセルに閉じ込めて、直接肌に触れることなく、紫外線を吸収する技術が開発されてきており、塗り心地が良く、汗に強いことに加え、紫外線カット率が高く、敏感肌の人でも使うことが出きるケミカルが開発されてきているので、肌に与える刺激が少ないケミカルも発売されるようになってきているため、肌が弱いからと言って、一概にケミカルで肌荒れするとは言えないというのが現状です。

 

また、肌に与える刺激が少ないと言われているノンケミカルに含まれる紫外線散乱剤で肌荒れを起こす人もいることから、敏感肌の人は、化粧水や美容液などと同じように、低刺激で、肌にやさしい日焼け止めの中から、実際に使ってみて、自分の肌に合ったものを選ぶことがおすすめです。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>