敏感肌 日焼け止め 子供用 選び方

日差しの強くなる季節には欠かすことができなくなる日焼け止めですが、敏感肌の方であったりまだ子供である場合では、あまりにもUVカットの効果が強い製品を使用すると肌荒れやかゆみ、赤みやその他のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

しかしそれを恐れて何もしなければ紫外線による肌ダメージでより深刻な被害を受けてしまいますから、こういった方々でも安心して使うことができる日焼け止めを選ぶようにして紫外線を防ぎ、シミやシワの発生を最大限抑えるようにしましょう。

 

その際に選び方のポイントもいくつかあるのでぜひ覚えておくと便利です。

 

 

子供用敏感肌向けのの日焼け止め選び方

まず日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐ成分には大きく分けて2つあり、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。

 

紫外線吸収剤はその名の通り紫外線を吸収して化学反応で違うものに変えることで肌へのダメージを防ぐことができ、UVカット効果も大変高いのですが人によっては刺激となってしまい肌への負担となってしまいます。

 

加えてUVカット効果の持ちが短く、ずっと効果を維持しようとすると頻繁に塗りなおす必要もあります。

 

対して紫外線散乱剤は肌への負担が少なく、この成分が入った製品にはノンケミカルと表記されてあることが多いです。

 

とはいえ人によってはこれでも肌が荒れることがあるので注意しておく必要はあります。

 

敏感肌である場合にはなるだけ紫外線吸収剤の製品を避けることが望ましいのですが、レジャーなどでどうしても長期間強い日差しを浴びる際などにはそちらを選ぶことも重要です。

 

最近は敏感肌用と書かれているものだけではなく、花粉から肌を保護したり各種アレルギーテスト済みのもの、小さな子供用や赤ちゃんにも使用できることを宣伝している製品もありますから、日常的の対策としてはそういった製品を選ぶこともおすすめできます。

 

様々な製品がドラッグストアやインターネット通販で購入することもできますが、いろいろな製品を試す間には当然ながらある程度の出費が必要となります。

 

こういったことが煩わしい方では最初から皮膚科などに出向き自分の肌質に合う日焼け止めを医師に見立てもらっても良いでしょう。

 

紫外線による肌への被害というのは様々なものが確認されているので皮膚科としてもそれらの症状の予防には力を入れていることが多く、自己流で選ぶよりは短い時間で自分に合った最適の日焼け止めを知ることができるでしょう。

 

実際皮膚科に行くと普段店舗でなかなか販売されていない製品を手に入れることもできます。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>