敏感肌 日焼け止め 化粧下地 選び方

紫外線は肌を乾燥させたり、シミ、そばかすなどの肌トラブルを引き起こしやすくなりますので、しっかりと紫外線対策は行っておきたいところです。

 

日焼け止めクリームやローションを利用することはもちろん、化粧下地もUVカット機能のついたものを選んでおくとより安心です。

 

とはいえ、敏感肌の人は日焼け止めや化粧品が刺激となってしまうこともありますので慎重に選んでいく必要があります。

 

化粧下地の選び方としては、まずできるだけ肌に刺激の少ないもの、敏感肌対策がされたものを選んでおくことがおすすめです。

 

化粧下地は肌に密着することもあり、肌には負担がかかりやすいので、できれば使わずに済むのが良いですが、ファンデーションをきれいにつけるためにも、肌の欠点をカバーするのにも役立ってくれるので、アレルギーテスト済みなどできるだけ安全性に優れた商品を選びましょう。

 

添加物は肌に負担となりますので、できるだけ無添加で肌に刺激のある成分を極力省いているものがおすすめです。

 

さらに、敏感肌の人は乾燥しやすい傾向にありますので、保湿効果の高いものを選んでおくと、肌が乾燥せず、一日中しっとりと保つことができます。UVカット効果のあるものであれば、日焼け止めクリームと重ね付けせずとも紫外線対策ができますので、より肌への負担も抑えられるようになります。

 

顔はもちろん、首筋や腕などボディの日焼け対策もしっかり行っておきたいので、やはり日焼け止めも用意しておきたいですが、ノンケミカルのものはより刺激が少なく安心して使うことができます。

 

肌に刺激となる成分としては紫外線吸収剤、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤などがあげられますので、成分はしっかりとチェックしておきたいところです。

 

さらに、落とすときにクレンジングが必要なものの、刺激となりやすいので、クレンジングなしで落とせる商品であるかも確かめておきたいところです。

 

日焼け止めは乾燥するものもありますので、保湿効果が高いものであるかも確認しておきましょう。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>