敏感肌 日焼け止め 体用 選び方

日焼けしたくない人は、日焼け止めが必須となります。

 

しかし、敏感肌の人にとっては日焼け止めの選び方も慎重になります。赤くなってしまったりかゆみが出たりかぶれたりなど、合わないと感じたら使用を中止しましょう。

 

顔用はもちろんですが、敏感肌の人は体用を選ぶときにも成分などをしっかり見て肌に負担がかかりにくいものの中で選ぶようにしましょう。

 

曇りの日でも短時間でも日焼けはします。長時間肌につけるものです、トラブルにならないように自分に合ったものを使う事が大切です。

 

日焼けをしたくないけれど、日焼け止めを塗ると肌トラブルが起きてしまうという敏感肌の方には特に肌に優しい日焼け止めを選ぶことをおススメします。

 

体用でも紫外線吸収剤不使用のものを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤は肌への負担が大きいので、敏感肌の方は刺激を感じてしまう可能性が高いのです。

 

SPF50・PA+++などを使い分けるようにしましょう。

 

日常使いには、SPFやPAが低めの物を使うようにして、外にいる時間が長い日などはSPFやPAの高めの物を使うようにしましょう。

 

防腐剤・石油系界面活性剤・パラベン・アルコール・香料・着色料などが含まれているかどうかも確認してから使うようにしましょう。

 

日に当たる時間が長くなる場合には、塗り直しなども必要となります。

 

できるだけ肌に負担のかからない低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

クレンジング剤が必要なタイプのものもありますし、石鹸だけで落とせるタイプものもあります。

 

クレンジングが必要なタイプのものをを使った時には必ずクレンジングで落とすようにしましょう。

 

パッケージに書いてある説明をしっかり読んで、使用方法を守るようにしましょう。肌に残った状態のままですと、肌トラブルになる原因となります。

 

クレンジング剤や石鹸などが肌に残った状態にならないようにしてください。石鹸で落ちるタイプのものも残った状態にならないように優しく洗いましょう。
どちらにしても、ゴシゴシと強くこすることは乾燥肌の原因になったり、肌のトラブルを起こしやすい状態になってしまいます。

 

優しく洗い、ぬるま湯で洗浄成分はしっかり落とすようにしましょう。

 

乾燥肌にならないようにするという事はとても大切です。

 

保湿をしっかりすることで刺激を受けにくい肌になるだけでなく、日焼けによる肌トラブルからも肌を守ることができます。

 

清潔なタオルで優しく水分をとったら、化粧水やボディークリームなどで保湿をしましょう。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>