ベビーの敏感肌用日焼け止めは効果ある?

いくら高価な日焼け止めを塗ったとしても、正しく使用しなければ意味はありません。

 

ベビーの敏感肌用のものであっても、肌に合っていて、正しく使用すれば効果はあります。

 

まずは、自分に合った日焼け止めを探すことから始めましょう。

 

日焼け止めは、紫外線をブロックし、日焼けや炎症から肌を守り肌の老化を防ぐ役割を持っています。

 

まず、紫外線は、「UV-A」と「UV-B」の二種類あります。

 

「UV-A」は紫外線の9割を占め、浸透力が高く徐々に肌にダメージを与えて肌の老化を促進させます。

 

「UV-B」は紫外線の1割を占め、短時間で肌へ与える影響が大きく、日焼けや炎症をおこします。

 

日焼け止めに表示されている「SPF」と「PA」は紫外線から肌を守る指数や効果を表しています。

 

「SPF」は紫外線「UV-B」から肌を守る効果があります。

 

1SPFで20分の効果があるとされているので、「SPF20」であれば20分×20=400分、つまり6時間40分の間、紫外線「UV-B」から肌を守ってくれることになります。

 

「SPF」の数値が高いものは、肌を乾燥されるものもあり、肌に与える負担もかかります。

 

屋内にいる場合には、SPF10〜30くらいで問題ないでしょう。

 

「PA」は紫外線「UV-A」から肌を守る効果があります。

 

PA値には「PA+」から「PA++++」までの段階に分かれています。日常の生活であれば「PA+〜++」で問題ありません。

 

日常生活(散歩等)であれば「SPF10PA+」、屋外での活動や軽いスポーツであれば「SPF10〜30PA++以上」、海、マリンスポーツ、炎天下での活動であれば「SPF30〜50PA+++」、非常に紫外線の強い場所では「SPF50PA++++」と使用する場所や状況に応じて選ぶ必要があります。

 

また、使用量も適量でないと、意味がありません。

 

たとえSPF50PA++++でも、少量では意味がありません。適量は500円玉くらいの大きさで、これより少ないと効き目が薄れてしまうので、注意しましょう。

 

皮脂や化粧崩れによっても、簡単に落ちてしまう場合があります。

 

1SPFでおよそ20分となっていますが、2時間から3時間おきに塗り直すことをお薦めします。

 

また、ウォータープルーフは、塗り直す必要がないのかというと、そうではありません。

 

あくまで耐水性が良いというだけで、60分から80分で塗り直す必要があります。

 

肌への負担がかかるため、普段使いにはお薦めしません。

 

紫外線は1年中降り注いでいまので、紫外線対策は必要不可欠なのです。

 

自分に合った日焼け止めを正しく使用し、紫外線対策を万全にしていきましょう。

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>