アトピー・敏感肌の日焼け止め選び方

肌が弱い人は、少しの刺激でも肌が赤くなってしまったり、ひりひりとした痛みを感じたりすることがあります。

 

そして肌が炎症を起こすために乾燥してしまうことが多く、肌が乾燥することで、肌のバリア機能が低下し、さらに敏感で回復しにくい悪循環に陥ってしまうことがあります。

 

肌が弱い、アトピーや敏感肌の人は、化粧品や風、紫外線などの刺激を受けやすく、中でも紫外線は、シミやしわなど肌老化の原因になったり、日焼けや肌内部の炎症を引き起こして乾燥肌がひどくなってしまったりする影響を肌に与える事が多いため、日焼け止めを塗って、紫外線を防ぐことが大切です。

 

紫外線の影響を防ぐために日焼け止めを塗ることは、アトピーや敏感肌など肌が弱い人にとってとても大切なことですが、日焼け止めを塗ると肌がかゆくなってしまったり、赤く炎症を起こしてしまったりすることもあるので、選び方に気を付けて、肌にやさしく刺激が少ない物を選ぶことも大切です。

 

 

一般的な日焼け止め

一般的に日焼け止めには、

 

紫外線吸収剤が含まれているケミカルタイプ
紫外線吸収剤が含まれておらず、紫外線散乱剤で日焼けを防ぐノンケミカルタイプ

 

の二つがあります。ケミカルタイプは、白浮きしにくく、さらりとした使い心地で汗で流れにくいというメリットがありますが、肌に刺激を感じる人もいるというデメリットがあるため、肌が弱い人にはおすすめしません。

 

ノンケミカルタイプは、白浮きしやすく、べたつきがあり汗で流れやすいというデメリットがありますが、肌が弱い人には、肌に刺激を与える紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプがおすすめです。

 

また、アトピーや敏感肌など肌が弱い人は、

 

紫外線のA波とB波をカットする目安になるSPFやPAが低めの数値の物を選ぶとよい

 

と言われています。紫外線の影響を受けやすい肌が弱い人は、紫外線をカットする目安になる数値が高い物を選びたくなるかもしれませんが、数値が高いものほど、肌が乾燥しやすいため、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性が高くなります。

 

肌が弱い人の選び方のポイントは、数値が低めの物を選ぶことで、衣服や日傘、帽子やサングラスなど、紫外線をカットするアイテムを併用して、トータル的に生活の中で浴びる紫外線の量を減らすことを考えましょう。

 

自分の肌で選ぶことも大切で、人に合っても、自分には合わないということもあるので、試してみて刺激を感じるものは使わないようにし、安心して使うことができる日焼け止めを見つけることがおすすめです。

 

 

 

敏感肌の日焼け止め50|いま話題の飲む日焼け止めサプリ最新情報 >>